看護師は日勤と夜勤で給料はどのくらい違うの?

看護師は日勤と夜勤で給料はどのくらい違うのかというと、日勤だけの場合、給料は20万円に届かないことがあります。夜勤をすると手当てが支給され、一日に6000円くらい支給されます。そう考えると、日勤と夜勤では、かなり給料が違ってきます。但し、看護師が日勤と夜勤の両方に入ると、生活のリズムが大きく乱れてしまいます。

新卒で看護師として就職すると、大抵が病棟勤務になり、日勤と夜勤のシフトを強いられます。一人前になるには、日勤と夜勤の両方に入らなければならず、そうすると体調を崩すことがよくあります。肌荒れや生理不順、冷え性の悪化などにも悩まされます。

しかし、夜勤がなく、日勤だけの仕事の場合、給料が低くなります!

日勤と夜勤の混合シフトの場合、夜勤手当は2交代制で1回1万円前後つく場合があります。日勤だけの仕事となると、夜勤手当はないので、日勤と夜勤の両方に入っている看護師と比較すると、給料はかなり低くなってしまいます。元々、看護師の基本給は低く設定されていて、夜勤手当がつくことで高い給料をもらえるようになっているので、日勤だけの仕事だけでは、どうしても給料は低くなってしまうのが現実です。