保健室の先生と看護師さんってどう違うの?

保健室の先生と看護師は、基本的に違います。看護師として頑張って仕事を続けてきた結果、今度は学校の保健室で先生として働きたいという人も少なくありません。しかし、学校の保健室の先生になるには、看護師の資格だけではなれません。保健室で勤務するには、養護教諭の資格を取らなければなりません。

養護教諭の資格を取るには、都道府県教育委員会が行なう教員採用試験に合格しなければなりません!

養護教諭2種免許は、都道府県の教育委員会が窓口になります。但し、たいていの学校は養護教諭の配置は一人なので、免許を取ってもすぐに働き口があるかどうかはわかりません。いずれにせよ、学校で保健室に勤務する場合、看護師の資格だけでは不十分ということです。

但し、保健師の資格を持っていれば、すぐに養護教諭の資格を取得できるので、保健室の先生になることができます。保健室の先生に手っ取り早くなる方法としては、大学勤務があります。この場合、養護教諭の資格が無くても保健室の先生になることができます。但し、求人数がある程度限られているので、狭き門になっています。

また、全てを自分で判断して応急処置などもしなくてはならないので、経験が無いと務まりにくい仕事です。